Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/88-6c4bfcbb

-件のトラックバック

-件のコメント

[C111]

私もオリンピック開会式で世界地図を広げていました(笑)

ところで結構おススメです↓ (オールブラックス、マオリ族関連)

http://www.amazon.co.jp/Once-Were-Warriors-1994-Film/dp/B0000015JI

高校の時、ホームステイ先で偶然みた映画ですが印象深い作品でした。
当時のニュージーランドでは、社会問題としても大きく取り上げられていたようです。
http://www.imdb.com/title/tt0110729/

[C112] >鉄腕さん

映画、面白そうですね。
現代社会を生きるマオリの問題……みたいな感じでしょうか。
(ちょっとバイオレンスっぽいようですが(笑))

マオリ関連の映画では、『クジラ島の少女』が良かったですねえ。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD33205/
こちらは12歳の少女が主人公です。
マオリの伝統文化も丁寧に描かれているので、初心者には有難かったです。
  • 2008-08-13
  • 12v電源
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【珍の探求:其の26 オセアニアの民族音楽など】

 テレビをつけると北京オリンピックの開会式がやっていたので、世界地図を広げながら見ていました。
 普段はあまり耳にすることのない国の名前や国旗、選手団を見るのは昔から結構好きだったりします。
 ちなみに持っている地図が古くて、コートジボワールは「象牙海岸」、スリランカは「セイロン」、ミャンマーは「ビルマ」……ドイツは東西に分かれていたりしましたが。

 それはともかく。
 各国の選手が入場してくる時にBGMとして流されていた曲が、ちょっと気になりました。
 解説によると、「五大陸の音楽」が順番に流されているという事で、確かに、雰囲気の全く違う曲が数種類流されているようでした。
 その中でも気になったのは、演奏者のビジュアル(顔に渦巻き状?のペインティングを施している)から考えるに……恐らく、「オセアニア」を象徴している曲だと思います。
 他の曲に比べ、良い意味で原始的で……何というか、選手入場の行進曲としては、素晴らしい違和感を醸し出していた訳です。
 呪術的な雰囲気を持った南太平洋の音楽に合わせ、スーツを着込んだ金髪碧眼の選手陣が笑顔で手を振るアンバランスさは……最高でしたねえ。
 
 どこの楽団がどういう曲を演奏していたのか、さっきからネットで検索しているのですが……あまり誰も興味持ってないようです。
 世間様は、モナコの旗手の方が良いみたいです。

 楽曲に話を戻します。
「びよんびよーん」という口琴のような音(?)が使われており、どういう楽器を使っているのかと思っていたのですが、たぶんDidgeridoo(ディジュリドゥ)というアボリジニの楽器だと思います。
 最初はホーミーのような特殊な歌唱法(喉歌)を使っているのかとも思ったんですが。

▼ディジュリドゥを使った音楽(You Tube)


▼管の中で管楽器(ディジュリドゥ)を演奏。なんとなく面白い。(You Tube)


▼テクノっぽく(You Tube)



  ◇


 今回調べていて思い出したのが、ニュージーランド・マオリ族の「HAKA(ハカ)」。

 元々はオセアニアの先住民族が戦の前に踊る、戦意を高揚させるためのWar Danceですが、……ラグビー強豪、ニュージーランド・ナショナルチーム「オールブラックス」が試合前に行うことで世界的に有名。
 残念ながら……私はラグビーの事がほとんど分からないので、オールブラックスがどれだけ凄いのかをここで語る事はできないのですが、HAKAの映像を見るだけでも圧倒されます。

▼実際の試合での様子。(You Tube)

リードしているのは、オールブラックスの元キャプテン、タナ・ウマンガ(Tana Umaga)。
どことなく、元横綱・千代の富士(現・九重親方)に似てる気がしなくもない。

CMアレンジbyアディダス。(You Tube)


上2つの映像で踊られているのは、HAKAの中でも、"KA MATE(カマテ)"と呼ばれる踊り。
Wikipedia「ハカ」の項目によると、マオリ語の内容は以下の通り。
リード
カ マテ! カ マテ!
コーラス
カ オラ、カ オラ!
リード
カ マテ! カ マテ!
コーラス
カ オラ、カ オラ!

テネイ テ タンガタ プッフル=フル ナア ネ イ ティキ
マイ ファカ=フィティ テ ラ!
ア ウパネ! ア フパネ!
ア ウパネ! カ=ウパネ!
フィティ テ ラ!
ヒ!

意味:
私は死ぬ!私は死ぬ!
私は生きる!私は生きる!
見よ、この勇気ある者を。
ここにいる毛深い男が再び太陽を輝かせる!
一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!
そして最後の一歩、そして外へ一歩!太陽の光の中へ!

Wikipedia"ハカ (ダンス)"より抜粋


▼HAKA"KA MATE(カマテ)"の空耳パロディが、懐かしいこのCM。(You Tube)


Ka mate, ka mate(私は死ぬ!私は死ぬ!)
が、「頑張って頑張って」に聞こえます。見事に。

▼類似例:日本体育大学の「エッサッサ」(You Tube)

中学時代の体育教師が日体大出身者だったので、体育祭では男子生徒全員がやらされてました。
懐かしい。

 ムエタイの「ワイクルー」なんかもそうですが……各民族の戦いの踊り、鬨の声なんかを比べてみるのも面白いかもしれませんね。

 日本では、織田信長が桶狭間の戦いに際し、幸若の「敦盛」を舞い、
 力士は土俵に入り四股を踏み、
 小学生は夏休みの宿題の前に、ラジオ体操をしている訳ですよ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/88-6c4bfcbb

0件のトラックバック

2件のコメント

[C111]

私もオリンピック開会式で世界地図を広げていました(笑)

ところで結構おススメです↓ (オールブラックス、マオリ族関連)

http://www.amazon.co.jp/Once-Were-Warriors-1994-Film/dp/B0000015JI

高校の時、ホームステイ先で偶然みた映画ですが印象深い作品でした。
当時のニュージーランドでは、社会問題としても大きく取り上げられていたようです。
http://www.imdb.com/title/tt0110729/

[C112] >鉄腕さん

映画、面白そうですね。
現代社会を生きるマオリの問題……みたいな感じでしょうか。
(ちょっとバイオレンスっぽいようですが(笑))

マオリ関連の映画では、『クジラ島の少女』が良かったですねえ。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD33205/
こちらは12歳の少女が主人公です。
マオリの伝統文化も丁寧に描かれているので、初心者には有難かったです。
  • 2008-08-13
  • 12v電源
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

12v電源

Author:12v電源
読み方:ジュウニボルトデンゲン
信 条:てきとう
過去ログ倉庫

このサイトは、管理人(12v電源)が、日本各地の珍所や珍書や珍品を探しつつ、フトした疑問などを追求したり諦めたり投げ出したりしているサイトです。
全国各地の「ポツンとした物」を探す、自称”ポツニスト”。

y_3dan2000■yahoo.co.jp
お手数ですが、メールを送られる場合は、
「■」を「@」に置き換えて下さい。

ブログ内検索

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。