Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/60-97f1f0e6

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【珍事:其の18 美麗─院政期の絵画─展】

 えー。どこかでも言った気がしますが、私が(今のところ)唯一見るスポーツがF-1だったりします。
 
 本日の大雨の中の日本GP、凄まじかったですねえ。
 最初の方、F-1カーの飛ばす水飛沫がひどくて、競艇かと思いましたよ。
……思いませんか、そうですか。
 
 いいじゃないですか。
 私だって、たまにはスポーツやら時事やらにも言及してみたいんですよ。
(よく分からない理由)

 富士へ観戦に行かれた方は、本当にご苦労様でした。
 
  ◇

 さて。
 先週、奈良国立博物館で開催されている、【美麗─院政期の絵画─】展へ行ってきました。

 良くて面白い物が色々と出ていました。
 しかも、なんと言っても、空いている。

 私など3連休の日曜日に行ったのに、この空きっぷりは何だという感じでした。ありがたや。

 個人的に面白いと思う展示品はたくさんあったのですが、まぁ、それはさておき。
 今回、かの有名な国宝『信貴山縁起絵巻』(尼君の巻)を眺めていて、強烈に……

「うわぁ、この絵を描いた人物は、相当、性格の歪んだ偏屈人間だなあ」

と、感じました。

『信貴山縁起絵巻』は今までに、何度も他の展示会で見ていたハズなんですが……今回、観覧者がほとんどいない状況で対峙してみると、こう、なんというか、製作者の性格というか、キャラクターというか……そういうものが立ち上ってきたように思えましたね。

 いや、たぶん、私の錯覚なんだけども。

 
 ただ、経験則的に、諧謔を伴ったおかしみを描く人物というのは、どいつもこいつも腹に一物持ってるような輩ですよ。一筋縄じゃいかないというか。
 それが高度な「笑い」であればあるほど、頭が良くてひねくれている。
 個人的には好きですよ、そういう人物。……遠くから見ているぶんには、ですけども。


 とある能面師が、現在・金剛家に伝わる龍右衛門(※)作の「雪の小面」を評して、

「まるで、そこに人格がたたずんでいるような面だ」

 と言っているのを聞いたことがあります。

 名画や素晴らしい彫刻にもそれが言えると思うのであります。私見では、神社や小祠などもそうですね。
 年代を経た物を目の前にすると、そこには無機物ではなく、何か一個の人格と対峙しているような気持ちになります。

……錯覚かもしれないんだけども。


※龍右衛門…室町期の能面師。有名な面に、豊臣秀吉が愛蔵した「雪」「月」「花」の3面がある。「月」は江戸城で焼失したとされるが、「雪」は金剛家、「花」は三井家に現存する。

  ◇

 ちなみに今回笑えたのは、国宝の【両部大経感得図 龍猛南天鉄塔相承図】です。
http://www.city.okayama.okayama.jp/museum/fujita/ryoubu-taikyou.htm
藤田美術館内のページ。これの右図。

 解説によると、龍猛(龍樹)が南天竺の鉄塔中に厳重に保管されてある『金剛頂経』を、警護の諸神を押し退けて鉄塔に入り、経文を暗唱して書写した……という伝承に基づいた絵画らしいんですが。

 荒涼とした砂漠のど真ん中に、ナンセンス映画よろしく突如トイレが現れ、扉を開けてみると……

神々『『『入ってます』』』
龍猛「……すいませんでした」


 ごめんなさい国宝。
 ありがとう国宝。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/60-97f1f0e6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

12v電源

Author:12v電源
読み方:ジュウニボルトデンゲン
信 条:てきとう
過去ログ倉庫

このサイトは、管理人(12v電源)が、日本各地の珍所や珍書や珍品を探しつつ、フトした疑問などを追求したり諦めたり投げ出したりしているサイトです。
全国各地の「ポツンとした物」を探す、自称”ポツニスト”。

y_3dan2000■yahoo.co.jp
お手数ですが、メールを送られる場合は、
「■」を「@」に置き換えて下さい。

ブログ内検索

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。