Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/58-ce47eef7

-件のトラックバック

-件のコメント

[C69]

下の方に「森田商店」と書いてあるとこからして、MORITAのMを取って「MAWSON」でしょうね・・・

こういうインチキくさいセンス好き。

>特に、信仰の中心……一般的に「聖地」と呼ばれる場所では、カメラを出して歩くことにも気を配る必要がある。

いや、その割にはこのブログの「信仰の中心」の扱い方は面白すぎですけど・・・w
でも、確かに12v電源さんの写真とかコメントは被写体に対する愛情が感じられますよね。
前回のエントリの「峰たたえのイヌザクラ 」とか、すごい綺麗だなあ、と思いました。

[C70] >MRIさん

「MAWSON」は本当にクオリティが高かったですねぇ。
あまりに出来が良いので、普通にロー●ンだと思って通り過ぎる方も多いと思います。
ミルク缶マークがヤカンになっているのも素晴らしい。


信仰対象を撮影することに関しては、自分でも、色々と考えている途中ですね。
最近購入した本で、聖地を撮影することを考えさせられることがあったので……また、改めて書きたいと思っております。


「峰たたえのイヌザクラ」は、木という物体というか、人格が佇んでいるような感じでした。
辿り着いた時も、「やっと見つけた」というより、「ようやくお目にかかれまして……」というような。

うーん、たとえるなら、自分が新任教師だとして、赴任した先の学校の校長が長期入院していて……数ヶ月後に、やっと初めて対面できたー。みたいな感じだと思います。
(余計わかりにくいよ)
  • 2007-09-09
  • 12v電源
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【珍所:其の37 洞川・大峯】

 修験道で有名な、奈良県吉野郡天川村の洞川(どろがわ)まで行ってきました。

 修験のメッカ大峯山への登山口があるので、額には頭襟、ボンボンのついた梵天袈裟、手には錫杖、腰には獣皮で作った引敷……という山伏姿の行者さんが団体で歩いている光景が、ここでは普通に見られます。(シーズンにもよるけど)


 で、まぁ。せっかくなので、
 行けるところまで行ってきました。

見知らぬ行者が、通り過ぎて行く。


 女人禁制に関しての私個人の考え方は、2年くらい前に、旧ブログの方で書かせてもらいましたね。そう言えば。
【珍の探求:其の10 大峰山と女人禁制についての私見】
基本的な考え方はあまり変わっていないので、ここでは割愛。


大峯山・山上ヶ岳 遠望

 ◇

 洞川には他に、写真撮影や報道を禁じている寺(山)があります。
 こういう場所に遭遇する時、「自分が今までどうであったか」を考えさせられたりしますねぇ。

 私の撮影対象は、神社や寺が圧倒的に多い訳です。
 私にとって「学術的に興味があるもの」が、別の人にとっては「信仰対象」であったり、極めてプライベートな事物だったりする。
 忘れがちになるのですけども、やはり、町にある看板を撮影するのと同じ感覚で撮影してはいけない。(と思う)
 特に、信仰の中心……一般的に「聖地」と呼ばれる場所では、カメラを出して歩くことにも気を配る必要がある。
 携帯電話のカメラでは撮影しない、フラッシュは焚かない、神社では神体(鏡)・寺社では内陣より向こうの本尊(仏像・仏画)にカメラを向けない……
 これらは、あくまでも私の中でのボーダーラインです。信者や氏子や檀家の方の考え方は違うでしょう。
 今までのブログのエントリにしても、読み返すと、「まずいなー」と思う内容や写真がいくつかあります。
 黙って削除したものもあれば、迷ったまま掲載しているものも。

 実際には、誰も気にしていないのかもしれませんが、常に、自分の文章や写真が誰かに迷惑をかける「可能性がある」と自覚して行動する必要はあるなーと思うのです。

 実践できてるかどうか、甚だ不安ですけども。

  ◇


警察署の掲示板に貼られていたポスター。
センス良いなあ。



洞川は古い宿場が多く残っている。
山上川を挟むようにして、「行者さん通り」と「寺前通り」という2本の道路が走っているのです。


「えさを与えないで下さい」という看板は見たことあるんですが、逆は初めてです。


足元にはちゃんと「マスのえさ」が。中は食パンのミミ。
せっかくなので、橋から食パンのミミをちぎって投げると、すさまじい勢いでマスが集まってきました。
獰猛です。


味のある薬局。


完全に昭和から時が止まっています。
…松田聖子……?

  ◇

洞川ではないですが、近辺にあった凄い店。

ロー…


マウソン……いや、モーソン?


ちなみにこの時、両親も一緒にいたのですが、車内は大興奮でした。
誰か冷静になれ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/58-ce47eef7

0件のトラックバック

2件のコメント

[C69]

下の方に「森田商店」と書いてあるとこからして、MORITAのMを取って「MAWSON」でしょうね・・・

こういうインチキくさいセンス好き。

>特に、信仰の中心……一般的に「聖地」と呼ばれる場所では、カメラを出して歩くことにも気を配る必要がある。

いや、その割にはこのブログの「信仰の中心」の扱い方は面白すぎですけど・・・w
でも、確かに12v電源さんの写真とかコメントは被写体に対する愛情が感じられますよね。
前回のエントリの「峰たたえのイヌザクラ 」とか、すごい綺麗だなあ、と思いました。

[C70] >MRIさん

「MAWSON」は本当にクオリティが高かったですねぇ。
あまりに出来が良いので、普通にロー●ンだと思って通り過ぎる方も多いと思います。
ミルク缶マークがヤカンになっているのも素晴らしい。


信仰対象を撮影することに関しては、自分でも、色々と考えている途中ですね。
最近購入した本で、聖地を撮影することを考えさせられることがあったので……また、改めて書きたいと思っております。


「峰たたえのイヌザクラ」は、木という物体というか、人格が佇んでいるような感じでした。
辿り着いた時も、「やっと見つけた」というより、「ようやくお目にかかれまして……」というような。

うーん、たとえるなら、自分が新任教師だとして、赴任した先の学校の校長が長期入院していて……数ヶ月後に、やっと初めて対面できたー。みたいな感じだと思います。
(余計わかりにくいよ)
  • 2007-09-09
  • 12v電源
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

12v電源

Author:12v電源
読み方:ジュウニボルトデンゲン
信 条:てきとう
過去ログ倉庫

このサイトは、管理人(12v電源)が、日本各地の珍所や珍書や珍品を探しつつ、フトした疑問などを追求したり諦めたり投げ出したりしているサイトです。
全国各地の「ポツンとした物」を探す、自称”ポツニスト”。

y_3dan2000■yahoo.co.jp
お手数ですが、メールを送られる場合は、
「■」を「@」に置き換えて下さい。

ブログ内検索

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。