Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/28-be9bd0a2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【珍事:其の15 「脳!-内なる不思議の世界へ」展】

 先日、大阪歴史博物館で開催されている、「脳!-内なる不思議の世界へ」展へ行ってきました。
(東京では2006年に終了している)

▲左の建物が大阪歴史博物館。右はNHK大阪放送局。
真ん中のガラスの球体は、両方のビルを繋ぐアトリウム。

 大阪歴史博物館というと、藤原京大極殿の復元模型を始め、大阪の歴史史料を展示している博物館です。
 もちろん特別展も、日本・アジアの歴史に関わる展示がほとんどだったので、生物学メインの今回の展示は、異色中の異色と言えるんじゃないでしょうか。

  ◇

 クジラの脳が出迎えてくれる展示会場内は、ありとあらゆる生物の、脳神経標本で満ちあふれていました。
 そりゃもう、ユムシから南方熊楠まで

 特に美しかったのが、小粒な真珠が連なってるように見える……ベトナムオオムカデの脳神経。

 脳味噌なら、ゴキブリの方がヒトより断然美しい。
(他の部分も、ヒトの方が美しいかどうかは極めて疑問ですが……私はヒトなので、昆虫よりもヒトに親和性を感じてしまうのです)

 ダチョウの脳はニンニクでした。


 あと、客層も興味深かったです。
 ご年配の方が多かったですね。(まぁ、平日の午後ということもあるんでしょうが)
 例の「人体の不思議展」では、若人や学生達が、プラスティネーション(プラストミック)処理された死体を見て、元気よく驚いている感じなんですが……
 今回の展示会場で見かけた風景は、
「ここに動脈瘤ができて、出血してねェ」だとか、「生死を彷徨ったんですよ」だとか「クモ膜下出血が……」などという、非常に生々しい会話が聞こえてくる聞こえてくる。

 係の女性に、自分の闘病生活を語っていたお爺ちゃんもいました。
 話を聞いていた係の女性が、「そういう(脳の病気された)方、けっこう来館されてますねえ」と言うと、お爺ちゃんはしみじみと、「やっぱり、病気すると……惹かれるンかもしれんね」と、頷いてました。

 小耳に挟んだやりとりだったんですが、なんだか妙に納得。


 ヒトの脳の一部をくり抜いて、海馬体を露出させている標本があったんですが、そこの説明に「狛犬の指のような形」とありました。
 いや、本当に笑えるほどソックリでした。
 西洋で発見されたから「Hippocampus(海馬)」という格好良い名前になった訳ですが、日本で発見されてたら、「犬足」とか「孫の手」とか、ひどく脱力系の名前になっていたやもしれません。

  ◇

 上の写真の説明でも書きましたが、大阪歴史博物館の隣はNHK大阪放送局です。
 両ビルを繋ぐアトリウムで、朝の連続テレビ小説の収録セットの公開展示が行われてました。

▲石など、近くに寄って触ってみても、発泡スチロール製とは思えないほどクォリティは高い。
金に糸目かけてなさそうだ。

  ◇


▲ニューロン


▲すごい勢いの「四角」を感じる。
(NTT西日本本社)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/28-be9bd0a2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

12v電源

Author:12v電源
読み方:ジュウニボルトデンゲン
信 条:てきとう
過去ログ倉庫

このサイトは、管理人(12v電源)が、日本各地の珍所や珍書や珍品を探しつつ、フトした疑問などを追求したり諦めたり投げ出したりしているサイトです。
全国各地の「ポツンとした物」を探す、自称”ポツニスト”。

y_3dan2000■yahoo.co.jp
お手数ですが、メールを送られる場合は、
「■」を「@」に置き換えて下さい。

ブログ内検索

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。