Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/24-cefb0aab

-件のトラックバック

-件のコメント

[C24]

聞いたことありますね。なんでも、特許で押さえてしまってたら20年くらいで切れてしまってたところだけど、敢えて企業秘密として保持したことで20年超えても秘密が守られてるとか。
こんなメジャーな飲み物に、そんな秘密が隠されてるというのも凄い話ですよね。

[C26] >MRIさん

>敢えて企業秘密として保持したことで20年超えても秘密が守られてるとか。

原始的な方法が、結局、最も有効だったというのは凄いと思いました。
他の企業は、ケンタッキー・フライドチキンがそうらしいですね。

しかし私の舌では、コカコーラもペプシコーラもジョルトコーラもインカコーラも、そんなに違いが分からなかったりするのです。
  • 2007-03-05
  • 12v電源@管理人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【珍食:其の12 コカ・コーラの秘伝】

 大きいところはテトラグラマトン(YHVH)の発音から、小さいところは漬け物の漬け方まで。
 世の中には、口伝でのみ伝えられていた秘儀が、ごまんと満ちています。
 日本で言えば、前に書いた諏訪の守矢神宮長の儀式や、古今伝授(初期の)なんかが、当てはまるでしょうか。

 まあ、その大体が、今の世の中では、歴史的遺産として「隠蔽する必要がない」ものに変わってしまう中、
 企業の最高機密として、固く秘匿された口伝が存在している(た?)らしい。
 それが……

 コカ・コーラの味


……有名な話なんでしょうか?
 私は普段、あまり炭酸飲料を飲まないので、けっこう驚きました。

 こちらのサイト(@nie's)様の、「コカコーラふたたび」というコラムに、
コカコーラのテイスターはこの世に二人しか存在していないと言われている。
そして、その二人が同じ便の飛行機に乗ることは会社の規則で禁止されている。

もしひとりに何かあってテイスティングが不可能になると、残った一人が新たな人物に原液の配合と味を口伝する。
 という記述がありました。
 これが真実なら、すごい念の入れ方です。

 Wikipedia先生によると、
(コカ・コーラの)原液は、アメリカで調製されて世界中に広く輸出されており、世界各地のボトリング会社によってコーンシロップ、砂糖などで薄められ、更に炭酸水で割られて、瓶詰め・缶詰めされ販売される。

風味はトップシークレットの香料7xと柑橘系およびスパイス系のフレーバー7~8種類程度の配合によるものと言われる。このレシピのことを「フォーミュラ」と呼ぶ。

フォーミュラは1984年のカンザス計画によって1度だけ変更されたが、抗議運動により3ヶ月で元に戻されて以降は変更されていない(コカインとカフェイン量を除く)。コカ・コーラ社のフォーミュラは非公開であるが、真偽不明の情報がしばしば出回っている。

かつてそれを基にしてOpen Colaという製品が作られたが、コカ・コーラの味を完全にすることはできなかった。

Wikipedia「コカ・コーラ」より一部抜粋
同じくWikipediaから「7x」の項。
7xはコカ・コーラに含まれる香料の一つ。

この香料の成分はコカ・コーラ社のトップシークレットであり、成分を知っているのは最高幹部のみである。
脱コカイン処理されたコカの葉が成分の一部として含まれる。7xはレモン・オレンジ・ナツメグ・シナモン・ネロリ・コエンドロ・(コカ)の6種(7種)をアルコールで抽出したものだと言われている。

Wikipedia「7x」より転載
 あれ、コカの葉って、まだ使われてたんですね。(コカインのアルカロイド成分は抜いてるみたいですけど)

 英語版Wikipedia「Coca-Cola」や、海外版の都市伝説サイト「Snopes.com」のコカ・コーラ特設ページを見るに、
"Only two Coca-Cola executives know Coke's formula, and each of them knows only half of it. "
「2人だけが、コカコーラのトップシークレットである調合「フォーミュラ」を知っており、それぞれは互いに、半分ずつの情報しか持っていない。」
 という、まことしやかな話が流れているようですね。話としては面白いですが、これは嘘話みたいです。

 ただ、"COCA COLA HISTORY"(英文)を見るに、「数人しか知らない」、「一緒に旅行へ行けない」というのは、本当のようです。
 口伝……という証拠はどこにも無いので、どうやって伝授してるのかは不明です。
 また、インドは法律上、コカ・コーラの成分公開を要求したため、1991年に法律が書き替えられるまで、コカ・コーラは販売されなかった、とも書かれてある。
 
「フォーミュラ」の原本は、アトランタのSunTrust Bankに、厳重に保管されているらしいですが、内部社員による機密漏洩未遂も、色々起きているみたいですね。

<参考(これ以外にも、数件起こってます)>
【米コカ・コーラ元秘書の裁判、始まる=ペプシへの機密漏えい疑惑で】(ライブドア・ニュース/2007年01月15日)

 FBIが囮捜査に入ったりと……作っている側は、なかなか、甘くて爽快というわけにはいかないようです。


 なんだか、だんだん、コーラが有り難い飲み物に思えてきた。
 錯覚だ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/24-cefb0aab

0件のトラックバック

2件のコメント

[C24]

聞いたことありますね。なんでも、特許で押さえてしまってたら20年くらいで切れてしまってたところだけど、敢えて企業秘密として保持したことで20年超えても秘密が守られてるとか。
こんなメジャーな飲み物に、そんな秘密が隠されてるというのも凄い話ですよね。

[C26] >MRIさん

>敢えて企業秘密として保持したことで20年超えても秘密が守られてるとか。

原始的な方法が、結局、最も有効だったというのは凄いと思いました。
他の企業は、ケンタッキー・フライドチキンがそうらしいですね。

しかし私の舌では、コカコーラもペプシコーラもジョルトコーラもインカコーラも、そんなに違いが分からなかったりするのです。
  • 2007-03-05
  • 12v電源@管理人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

12v電源

Author:12v電源
読み方:ジュウニボルトデンゲン
信 条:てきとう
過去ログ倉庫

このサイトは、管理人(12v電源)が、日本各地の珍所や珍書や珍品を探しつつ、フトした疑問などを追求したり諦めたり投げ出したりしているサイトです。
全国各地の「ポツンとした物」を探す、自称”ポツニスト”。

y_3dan2000■yahoo.co.jp
お手数ですが、メールを送られる場合は、
「■」を「@」に置き換えて下さい。

ブログ内検索

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。