Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/166-fb3f74b0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【雑感:宝山寺散歩】

ごぶさたしております。生きてます。(何度目だ)
先週から少し体調を崩していたので、リハビリがてら、宝山寺界隈を1人でふらふら歩いてきましたよ。

0911houzanji1.jpg
静かな風景。というか、音が無い。
旅館がずらりと立ち並んでいるのに、人の気配が全くしない。
まぁその、旅館というのは表向きで、宝山寺の旅館=風俗店なんですが。
「十八才未満入店お断り」という小さな札に気付かなければ、どこからどう見ても普通の旅館。
どこからどう見ても普通の旅館……なのに、どこか異質なものを感じるのは、
旅館なのに、食べ物の匂いや、家族連れの笑い声なんかが全く存在していないからだろうかと。

0911houzanji2.jpg
正月には人で賑わう参道も、閑散。
日曜日にこれだけ誰もいないのも珍しいなあ、などと思っていたら、先々月に起きた事件を思い出した。
そういや、現場はここの寺の駐車場だったなあ。

  ◇

宝山寺に何度来ても飽きないのは、ここが、寺でありながら神社のような匂いもし、かつ、新興宗教的な匂いもありーの、現世利益の人間臭さもぷんぷんする……という、何でもアリな寺だからだと思います。
どことなく伏見稲荷と似ています。
ただ、伏見稲荷の方が、私は怖い。

0911houzanji3.jpg
今日はリハビリが目的なので、奥の院まで歩く。
奥の院があるというところも、伏見稲荷と似てますねえ。あっちは鳥居で、こっちは地蔵ですが。

0911houzanji6.jpg
地蔵が続く続く。

0911houzanji5.jpg
おそろいの赤い帽子だなあ。

最近の私は、たびたびやって来る眩暈と貧血で、朦朧とした状態が多いのですが……苔の緑と布の赤色が鮮やかで、なんとなく目が覚める気持ちがする。

0911houzanji7.jpg
宝山寺の兄弟漫才師、という風な地蔵2体。

0911houzanji4.jpg
観音。
頭だけになっても、きちんと供養を受けている。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/166-fb3f74b0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

12v電源

Author:12v電源
読み方:ジュウニボルトデンゲン
信 条:てきとう
過去ログ倉庫

このサイトは、管理人(12v電源)が、日本各地の珍所や珍書や珍品を探しつつ、フトした疑問などを追求したり諦めたり投げ出したりしているサイトです。
全国各地の「ポツンとした物」を探す、自称”ポツニスト”。

y_3dan2000■yahoo.co.jp
お手数ですが、メールを送られる場合は、
「■」を「@」に置き換えて下さい。

ブログ内検索

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。