Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/157-b7f04656

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【珍所其の70  富士近郊】

 明けましておめでとうございます。
 ご無沙汰しております。

 さて。
 12月某日、富士山を見るためだけに、静岡まで行ってきました。

 関西に住んでいると、富士山を見る機会が全くないんですよね。下手すると、一生、富士山を(ナマで)見ずに終わります。
 テレビか風呂屋(※)か千円札で見るくらいですよ。たぶん。

※…私は富士山が描かれた風呂屋の壁ってのも、アニメ以外で見たことないんですが。

 実際、私も今まで富士山を見た経験は、東京行きの新幹線の中から1度だけです。
 その1回きりのフジヤマとの邂逅も、あまりの大きさにえらく衝撃を受けたものです。

 そんなこんなで、とにかく一度、じっくり富士山を見たいなーとずっと思っていた訳です。

  ◇

 中央道をひた走り、長野を超えて山梨へ。
 徐々に富士が姿を現す。
fuji04.jpg
あれが蓬莱山だよ、おっ母さん。

双葉SAより富士山。
大きすぎて、前後の遠近感が狂います。

fuji05.jpg
あと、双葉SAにはインド人シェフが作る本格カレー屋が入っている。
深刻なツッコミ不足。

  ◇

fuji02.jpg
 青木ヶ原樹海の真ん中を国道が走っています。
 樹海にはトレッキングツアーや遊歩道も設けられていて、一般的に言われるような、おどろおどろしい雰囲気は……

fuji03.jpg
……あります。怖いです。
DoCoMoも圏外だし。
(車中からの撮影なので、だいぶブレてます)

 国道から眺めているだけでも、木々が縦横無尽フリーダムに伸びているのが分かります。
 入り込んだら確実に方向感覚を失ってしまう。
 樹海は用法用量を守って使用した方が良さそうですよ。

  ◇

 樹海のあたりから、富士山がぐっと近くなる。
fuji06.jpg
山梨県・根場集落から

   ◇

 そして富士山を見るためだけに、もの凄いロケーションの宿に泊まりました。

fuji07.jpg
宿の部屋からの眺め。まるで嵌め込み映像です。

 この部屋で、朝の4時から富士山を凝視。

fuji08.jpg
日の出。5時か6時前。

fuji01.jpg
田貫湖に映る、早朝の逆さ富士。

fuji09.jpg
午前8時頃。

幸運な事に、雲ひとつない日でした。
決して、Photoshopで雲とかシミとかシワとか消したりしていませんからね。

 本当は、日の出前の4時頃……満天の星空の中に、黒い巨大な山影がそそり立っている光景が、最も怖ろしかったんですけども……撮影する技術が足りず、写真に撮る事ができませんでした。

  ◇

fuji11.jpg
富士宮市にある浅間神社。
正式名称は「富士山本宮浅間大社」

fuji12.jpg
「浅間造」と呼ばれる、特殊な二階建て構造。
重要文化財。

ボランティアガイドらしいおじさんが、お客に向かって、
「こんな雲ひとつない日は、本当に珍しいんです!年に数回しかないですよ!」と力説していました。

fuji13.jpg
国の天然記念物「湧玉池」
社殿の説明文によると、富士山の雪解け水が溶岩の間から、毎秒3.6キロリットル湧き出ているとのこと。
富士の行者はこの池で身を清めてから「六根清浄」を唱えて山に登る習わしになっているのだそう。

 民俗学者 野本寛一氏によると……
 元々この浅間神社は、湧玉池を祀る「富知神社」の社地であったが、富士山が噴火するたびに火の神である「浅間」の名を冠した神が重視されるようになり、その座を譲り渡すことになったのではないか、とのこと。
(参考:『日本の神々 神社と聖地10』白水社)

 確かに……里宮だとは言え、山を祀る神社にしては本体(富士山)とは、かなり離れた場所にあるなという印象を受けました。
 元は水神で、後から山そのものを具現する神社に変貌していったという説は、実に違和感がない。

  ◇

fuji14.jpg
富士宮と言えば、B級グルメの雄、富士宮やきそば。

fuji15.jpg
神社までできてました。
「富士山本宮選麺大社」
…………。

fuji16.jpg

……今回、東海地方で親父ギャグを見る率が高かったんですが、偶然ですか……?
いや、まぁ、大阪も多いんですが……。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://12v.blog89.fc2.com/tb.php/157-b7f04656

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

12v電源

Author:12v電源
読み方:ジュウニボルトデンゲン
信 条:てきとう
過去ログ倉庫

このサイトは、管理人(12v電源)が、日本各地の珍所や珍書や珍品を探しつつ、フトした疑問などを追求したり諦めたり投げ出したりしているサイトです。
全国各地の「ポツンとした物」を探す、自称”ポツニスト”。

y_3dan2000■yahoo.co.jp
お手数ですが、メールを送られる場合は、
「■」を「@」に置き換えて下さい。

ブログ内検索

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。