Entries

スポンサーサイト

【珍所:其の47 諏訪3回目(2日目①)】

 ずいぶんと前回から時間が経ってしまいました。【珍所:其の46 諏訪3回目(1日目)】 の続きです。 G.W.の話だったので、完全に季節をひとつ跨いでしまっていますねえ。 ぼんやりしてるうちに、私、骨になってしまうんじゃないでしょうか。  ◇ さて、3回目の諏訪。その2日目の朝。 茅野のビジネスホテルを出て、千鹿頭(ちかと)神社を目指す。 諏訪内には「千鹿頭神社」がいくつかあり、ややこしいので、ここでは「...

【雑絵:其の43 虫】

昆虫のイメージ。虫は苦手なのです。...

【珍所:其の48 涌出宮】

 前回【珍所:其の47 祝園神社】の続き。  ◇ 最初は祝園神社から歩いて木津川を渡るつもりだったのですが、空模様が怪しかったため、電車を乗り継いで、最寄りのJR奈良線「棚倉駅」へ。 ここは大阪への通勤圏内ですが、1時間に電車が2本しか通らない。(ちなみに日本で1番列車本数の少ない駅は、北海道の上白滝駅の1日1往復らしいです。→Yahoo知恵袋より) 駅を出てすぐのところに、伎座天乃夫岐賣(わきにますあめの...

【珍所:其の47 祝園神社】

 無言で行われる神事、【無言神事】については、引っ越す前のブログで少し触れたことがあります。 えー、管理人(私)ですら忘れていましたので、たぶん誰も覚えていないと思います。 今回は、そんな無言(系)神事が行われる、2社をご紹介。祝園(ほうその)神社と、伎座天乃夫岐賣(わきにますあめのふきめ)神社。通称・涌出宮。 場所は、京都の南部。奈良との境界あたり。 この2社は、木津川を挟んで東西に分かれて鎮座...

【珍書:其の34 『日本の神々 神社と聖地』】

 民俗学者、谷川健一が編集した『日本の神々-神社と聖地-』(白水社/昭60) 全13巻を、とうとう購入しました。 嬉しくて小躍り状態です。 ちなみに、古本屋価格で、3万円弱。 超・お買い得価格です。 2000年に新装復刊版が白水社から出たものの、原本(昭60年発行版)をスキャニングして印刷しているため、文字や写真の微妙なかすれ(※)が気になっていました。※もちろん、読む分には何ら問題ない程度  ◇ この本は、...

Appendix

プロフィール

12v電源

Author:12v電源
読み方:ジュウニボルトデンゲン
信 条:てきとう
過去ログ倉庫

このサイトは、管理人(12v電源)が、日本各地の珍所や珍書や珍品を探しつつ、フトした疑問などを追求したり諦めたり投げ出したりしているサイトです。
全国各地の「ポツンとした物」を探す、自称”ポツニスト”。

y_3dan2000■yahoo.co.jp
お手数ですが、メールを送られる場合は、
「■」を「@」に置き換えて下さい。

ブログ内検索

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。