Entries

スポンサーサイト

【珍所:其の30 瓢箪山稲荷神社】

 石切神社・宝山寺と続いたので、次は、もう少し大阪寄りにある【瓢箪山稲荷神社】をご紹介します。 ここは近世後期に大流行した「辻占」の総本社であり、今でも正式な辻占を行っているという、珍しい神社です。 鈍行しか停まらない駅にしては、ヤケに整備された(※)近鉄奈良線「瓢箪山駅」を降りると、ヒョウタンの名に恥じないというか……瓢箪だらけの商店街に出ます。※…逮捕された元市長のお膝元だったから、という話です。...

【珍所:其の29 岩谷の滝・大聖院】

 宝山寺から少し横道に逸れて歩くと、ケーブル梅屋敷駅(※)の裏手に、人気の少ない民家や廃屋がまばらに立ち並ぶ細道に出ます。※…Wikipediaに「秘境駅」として紹介されているくらい、小さな駅。▲生活臭のある家と、全く無い家がある。 そこに、面白そうな石碑や小祠が並んでいます。▲牛馬吊魂碑家畜を祀ったものだと思われる。▲地車大神。左右の石碑は文字が不鮮明。何を祀っているのかは不明だが、狛狐がいる。▲蛇神 どれもき...

【珍所:其の28 宝山寺】

 石切神社を紹介したので、次は、キング・オブ・生駒(たぶん)の、「宝山寺(ほうざんじ)」をご紹介します。 えー。 自分でも忘れていたんですが、以前にチラっとだけ取り上げたことがあります。→【珍書:其の19 六輪と一露】  少々かぶる部分もありますが、そこらへんは御容赦下さい。  ◇ 生駒宝山寺の本尊は不動明王です。しかし、どうしても影が薄い。 隣にいる、歓喜天(聖天)が有名すぎるからです。 宝山寺の歓...

【珍所:其の27 石切劔箭神社】

 前回は参道しか紹介できなかったので、今回は、石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)そのものを取り上げます。 (文中は「石切神社」で統一させてもらいます) 参道の複雑さもさることながら、神社自体も、かなり個性的です。 現在の石切神社は、「でんぼ(腫瘍・出来物)の神」として、<癌封じ>を筆頭に、熱狂的な信仰を集めています。週末や祝日に参拝すると、何百人もの参拝者が、境内をお百度詣りされている姿を見...

【珍所:其の26 石切神社参道】

 ※今回のブログは、画像が多いため、とてつもなく重いです。※ 数年ぶりに石切劔箭(いしきりつるぎや)神社へ行ってきました。 通称「石切さん」と呼ばれるこの神社は、大阪と奈良の間に横たわる生駒山の、大阪側の山裾に鎮座しており、『でんぼ(できもの・腫物・腫瘍)の神さん』として親しまれている……と、同時に、日本有数の珍所としても、その名を轟かせていたりします。 ちなみに、私は物心つく前から、初詣と言えば、こ...

※ウイルス注意報※

 既に消したのですが、本日(9日)13時頃に投稿されたコメントに、ウイルスのリンクが貼られちゃってました。 「RO」という単語で検索して当サイトに来訪されていた事と、書き込んでいた内容を鑑みるに、どうやら……今流行の、ラグナロクオンラインのアカウントハックみたいです。(どうしてゲームの「ゲ」の字も関係ないうちのサイトが引っかかるのか、今ひとつ謎ですが) リンク先を踏んでしまったという方は、お気をつけ下さ...

【珍事:其の15 「脳!-内なる不思議の世界へ」展】

 先日、大阪歴史博物館で開催されている、「脳!-内なる不思議の世界へ」展へ行ってきました。(東京では2006年に終了している)▲左の建物が大阪歴史博物館。右はNHK大阪放送局。真ん中のガラスの球体は、両方のビルを繋ぐアトリウム。 大阪歴史博物館というと、藤原京大極殿の復元模型を始め、大阪の歴史史料を展示している博物館です。 もちろん特別展も、日本・アジアの歴史に関わる展示がほとんどだったので、生物学メイン...

【珍書:其の31 『酒神餅神 鬼殺心角樽』】

 そう言えば、最近(たぶん)メインコンテンツである(筈の)珍書を紹介してませんでした。 山東京伝 『酒神餅神 鬼殺心角樽』 寛政八(1796)年 タイトルは、「さけのかみもちのかみ おにころしこころのつのだる」と読みます。 何て言うか、アレですね。 京伝の黄表紙というだけで、ハズれませんね。 笑いの神が降臨しているんでしょう。この人には。 さて、今回の珍書の内容を一言で申しますと…… アルコールの妖精さ...

【雑絵:其の39 迷宮譚】

 夢の中で見た風景。(天井はちょっとおかしい) 6人の知らない人間と、こういう場所にいました。 部屋の数は際限なし。 部屋の配置も脈絡がなく、入り組んだ廊下が迷路のようになっている。 東西南北に、どれだけ敷地が広がっているのか、見当もつかない。 各部屋のデザインは純和風という以外に共通点がなく、平安朝の御簾がかかっていたり、桃山期頃の障壁画が描かれていたりする。 御簾やフスマの隙間から中を覗いてみ...

【珍食:其の12 コカ・コーラの秘伝】

 大きいところはテトラグラマトン(YHVH)の発音から、小さいところは漬け物の漬け方まで。 世の中には、口伝でのみ伝えられていた秘儀が、ごまんと満ちています。 日本で言えば、前に書いた諏訪の守矢神宮長の儀式や、古今伝授(初期の)なんかが、当てはまるでしょうか。 まあ、その大体が、今の世の中では、歴史的遺産として「隠蔽する必要がない」ものに変わってしまう中、 企業の最高機密として、固く秘匿された口伝が存...

Appendix

プロフィール

12v電源

Author:12v電源
読み方:ジュウニボルトデンゲン
信 条:てきとう
過去ログ倉庫

このサイトは、管理人(12v電源)が、日本各地の珍所や珍書や珍品を探しつつ、フトした疑問などを追求したり諦めたり投げ出したりしているサイトです。
全国各地の「ポツンとした物」を探す、自称”ポツニスト”。

y_3dan2000■yahoo.co.jp
お手数ですが、メールを送られる場合は、
「■」を「@」に置き換えて下さい。

ブログ内検索

QRコード

QRコード

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。